東京精神神経科診療所協会からのご挨拶

東精診とは

 東京都内で精神科、神経科を標榜する診療所開業医が集まり「東京精神科医会」が発足したのは1972(昭和47)年11 月。以来、診療所で患者様の診療に取り組む傍らで、精神神経科医自らの手による精神保健・医療・福祉の向上を願う地道な活動が始まりました。
 それからおよそ40 年後の2011(平成23)年6 月、それまでの任意団体を法人化する運びとなり、現在の組織である一般社団法人東京精神神経科診療所協会(略して「東精診」といいます)が誕生しました。
 今日、東精診には都内の精神科専門医約270 名が会員として参加しています。多くの会員は医師免許登録後に精神科臨床の修練を積み、日本精神神経学会の「精神科専門医」や「同指導医」、法に定めた精神鑑定を担当する「精神保健指定医」(厚労省による)などの資格を得て臨床活動に取り組んでいます。
 近年、うつ病、パニック障害、発達障害、認知症など様々な病態を伴う精神的、身体的不調をかかえて精神科診療所を受診する方々が年々増え続けています。このような傾向は全国規模で認められたことから、2012(平成25)年、わが国で最も憂慮すべき4 大疾病、「がん」、「脳卒中」、「急性心筋梗塞」、「糖尿病」に「精神疾患」が新たに加わることになりました。  このような現状に対して、日頃の診療にしっかりと取り組みつつ、社会のお役に立てることを願って東精診は微力ながらもいろいろな事業に取り組んできました。ホームページで施設紹介を行い、地域医療、高齢者介護、精神科救急、学校現場対応、職場の産業メンタルヘルスなどの各テーマを公開シンポジウムや市民講座、研修講座で取り上げてきました。また、最新の情報、知見を豊富に盛り込み、かつ、会員自らが発表しながら研鑽を重ねる研修会を数多く開催し、会員ならびにスタッフのレベル向上をめざしてきました。
 なお今後もまだまだやるべきことが山積しています。大都会、首都東京という類まれな立地環境で多くの高いハードルが立ち塞がっていますが、これまでの実績を踏まえつつ、かつ、関係機関と密接に連携協力しながら、社会のニーズに応えるべく、自分たちでできることに一生懸命取り組んでいきます。

会長よりご挨拶

東精診神山会長

東京精神神経科診療所協会
会長 神山 昭男

新年度の開始に当たり一言ご挨拶申し上げます。
 東精診の先駆けである「東京精神科医会」の初代会長は荻野利之先生、次いで、亀井康一郎先生、村上敏雄先生、関谷透先生、穂積登先生、窪田彰先生、平川博之先生、中野和広先生へと受け継がれ、2年前より小職が担当してきましたが、本年5月より再び会長を担当することとなりました。
 発足以来これまで育まれてきた誠実で親身あふれる精神科臨床の伝統と、苦難を互いの力を寄せ合いながら乗り越えてきた助け合いの精神は、東精診の誇りであり、将来へ受け継ぐべき大切な宝でもあります。この力のおかげで、今日の東精診会員の活動が円滑に運べているといっても過言ではありません。まずは、歴代の会長、諸先輩のリーダーシップと多くの会員、関係各位のご功績、ご尽力にこころより敬意を表する次第です。
 東精診のフィールドは、メトロポリタン東京、日本最大の1300万都市、40万人の外国籍人口、日本の中枢、オリンピック開催まであと3 年、という現実の中にあります。この環境に含まれる他に類をみない多彩な特徴、多様な交絡要因が、人々の様々なメンタルヘルス問題にも深く影響を及ぼしているようにうかがえます。
 この厳しい環境の中で、患者様の診療環境をよりよい状態に保ち、おちついて安心して受診できる、相談できる場を確保しつつ、多くの問題解決へ向けて、今般の選挙で選任された理事、監事の諸先生とともに精一杯責務を全うしたいと思います。
 皆さまのご支援、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

東京精神科診療所協会ホームページについて

東精診の会員は、精神科の専門知識やトレーニングを積んだ上で取得できる、日本精神神経学会認定の「精神科専門医」や、国の定める「精神保健指定医」等の精神科領域の専門資格を持っていることが入会の条件となっています。

精神科には、統合失調症、うつ病、社会不安、対人恐怖、強迫性障害、パニック障害、適応障害、認知症といった様々な疾患や、児童・青年期、老年期といった年代別に現れてくる病気もあります。治療や支援方法も、精神療法、薬物療法、心理カウンセリング、デイケア、復職支援プログラム、生活指導など多種多様です。

よって、診療所ごとにその専門性も様々です。ホームページでは、それぞれの診療所の持つ機能や専門分野についての情報を掲載しています。近所の診療所を探したい、専門分野を知りたいなど、受診先で困られている際、是非ご活用いただき少しでもお役にたてれば幸いです。

↑PageUp